スマホで出合いの場を探すなら出会い系アプリ情報局

更新情報

出会い系アプリ情報局について

「出会い系アプリ情報局」は、スマートフォンで使える「出会い系アプリ」についての情報・レビューサイトです。

iPhoneとAndroid対応のアプリを実際に使用して、情報・使い方やレビュー・評価を掲載しています。自分に合った出会い系アプリ選びの参考にして頂けると幸いです。

アプリは「新着アプリ」「カテゴリ別(セフレ募集向き、婚活向き、恋活マッチングアプリ等)」「おすすめ優良アプリランキング」などから探す事ができますので、それぞれのページをチェック・比較などをして自分の目的に合ったアプリやサイトを探してください。

カテゴリ別のページではリンク先の上部でおすすめのアプリを順番に紹介して、個別でのアプリ紹介の下に特集記事を掲載しています。

アプリの個別の知識だけでなく、サクラの見分け方・LINEのID交換方法・おすすめの出会い方などの情報について知りたい方は個別記事を参考にしてください。

サクラなどの被害に遭ったら是非口コミ投稿を

当サイトでもサクラがいるアプリや、業者によるなんらかの勧誘などが行われている悪質アプリについては確認できた範囲で指摘しています。

アプリ別の個別記事内の下部には匿名で投稿可能な口コミ投稿フォームを用意してあります。

もし実際に体験して、サクラなどの被害にあったら騙された手口などを投稿してください。

逆に実際に出会えるような、高く評価ができるようなアプリだった場合は、簡単な感想と一緒にそのこともご投稿頂ければ口コミとしてページ内容に反映いたします。

評価については言葉だけでなく星1個〜5個の間で評価することも可能です。


© 2016 出会い系アプリ情報局

出会い系アプリでJK(女子高生)JC(女子中学生)とSEXできるの?

JK(女子高生)からJS(女子小学生)まで、出会い系アプリを使っているが・・・

iPhoneアプリとAndroidアプリで18歳以下の女子高生、女子中学生、さらには女子小学生と普通に出会えてしまう環境ができてからはや数年経とうとしています。

ガラケーを使うことが若者の間でかっこ悪いという風潮があるせいかiPhone、Androidを利用する児童も日に日に増えています。特にLINEを使った犯罪の増加が著しく、広島でのLINE殺人事件は2013年の出会い系アプリ界の大きな事件だったように思います。広島での殺人事件はメディアでも沢山取り上げたので世間の認知度は高いですが、あそこまで猟奇的でないにしろLINEが刑事事件に多く関わったのは間違いないと思います。

京都府警によるLINE掲示板への閉鎖要請というもの新しいパターンとして目立ちました。2ちゃんねるでは合法、脱法ドラッグに関する書き込みが放置され、トラブルが頻発していますが、LINE掲示板も同様で不特定多数の男女と繋がるアプリとしての威力は凄まじいと言えます。

正確にはLINE・カカオトーク掲示板とチャットアプリのLINEを組み合わせた時の威力(出会える力)というのは凄まじく、LINE掲示板は出会い系サイト規制法によって抑圧されて来た男性の性的欲求丸出しの場となりました(現在は多少沈静化している模様)。これまでの出会い系サイトのパターンとしては成人男性(メインは30代、40代)が18歳未満の女性に対して援助交際や、セックスの様子を撮影したハメ撮り動画の撮影目的でメールしたりしてきたのですが、男性中学生が女子大生にセックスさせてとお願いするというアニメ・漫画の世界のような出来事も多いようです。

JKJC絡みのセフレ、愛人、下着販売の書き込みがとんでもない量に

普通の大人の男性がいかに抑圧されて生活しているのかを示したのが、援助交際、セフレ募集、電話セックス募集の書き込みの多さでした。

まあ18歳以下の女子高生、女子中学生と会話することすらままならないのに、性癖的にはロリコン、ロリータ大好きという男性にとっては出会い系アプリは天国のような場所で開放的になってもしかたがないのかなと感じる部分もあります。開放的になりすぎて自分の性器の写メを女子高生に送って警察に逮捕される男性が日本各地に登場しました。きっと相手(女子高生達)も喜んでくれると思ってやった行為だと思いますが、一方通行な気持ちだったようです。

ストレートに援助交際(つまりSEX)をお願いする書き込みも多いですが、エロ写メ交換(もらうだけでなく、自分の性器の写メもなぜか送りたがってる)、なぜか自分のオナニーの様子を見て欲しい・聞いていて欲しいという変態的なM男からの切実なお願いも多数書き込まれています。

おじさまのように女子高生に対して愛人契約を持ちかけるお金持ちの男性もいます。愛人契約とは月額数万円〜数十万円あげるから定期的にセックスしましょうという契約です。18歳以上の女性(女子高生はのぞく)に対しての愛人契約は違法ではなく、ばれたからといって警察に逮捕されることはありませんが、女子高生・女子中学生に対してそのような愛人契約を持ちかける事は違法です。そのような相談をするだけで逮捕されることもあります。

まとめサイトで釣られた男性の末路

不特定多数の女性と男性が出会えるシステムを利用して悪ふざけする人達も現れました。男性が男性を特定の場所に誘い出す「釣り」というものです。美人局のように犯罪的な要素は少ないですが、一種の詐欺ではあります。男性を「釣る」には誘惑が必要です。適当に可愛い女性の写メを使って、「エッチしたい」「セックスしたい」「お酒を飲みたい」とチャットするだけですぐ男性は指定した場所に来てくれます。釣られた男性は犯罪者のように目のあたりにモザイクを入れられて全身をネットにさらされます。本人を特定される人もいるでしょう。特定されたら拡散されるという2ちゃんまとめのいつものパターンです。拡散された情報は永遠にネットのどこかにひそみ、時によってまた拡散されます。そうやってずっとネットのサーバー間を漂流します。ゼロになる、とは考えない方がいいでしょう。

実際にJKJCとセックスしたらどうなるの?

出会い系アプリを使って女子高生、女子中学生とセックスしたらどうなるのでしょうか。

その場では現金を未成年に渡して後腐れ無く別れることができるかもしれません。その後女性がどう行動するかです。自分のした行動(援助交際)を後悔して今後の一切の出会い系アプリなどを使った援助交際をストップすれば女性とセックスした男性もそのまま何も起きず生活を送れます。

では女性は援助交際で受け取れるお金に味を占めて援助交際を繰り返した場合はどうなるでしょう。援助交際をするというのは身元もわからない男性とセックスすることです。中にはヤクザもいるし薬物中毒もいるしエイズ患者もいるでしょう。悪い男性とたまたま巡り会い、盗撮や殺人・傷害事件に巻き込まれたら女性は警察に保護されます。そうすると女性の過去の出会い系アプリ利用履歴も明らかにされます。LINEのチャット履歴も警察に照会されればすぐデータが警察の手に渡ります。

つまり女性の過去に遡ってセックスしたりした男性は芋づる式に逮捕される可能性があるということです。なので、男性は出会い系アプリ経由で誰かが逮捕されるニュースに一生怯えて暮らすか開き直って暮らすしかなくなります。時効の有無は状況によって変化します。なのでそのシチュエーションにならないと時効になるかわかりません。一度売春をするとずっとその行為によって逮捕される可能性があると思っていた方がいいでしょう。

JCJKと出会えるのはスマとも、ラブコレクション、ちらトーークなど。しかしサイバー補導の危険

女子高生や女子中学生と出会えるアプリはスマとも、ラブコレクションなどがあります。もう人生を棒に振ってもいいという覚悟なら14歳だろうが15歳だろうが16歳でも関係なく出会ってセックスしちゃおう、ヤレるならやってしまおう!という気持ちになってしまうかもしれませんが、警察に逮捕される本人だけでなく家族や親戚に迷惑がかかることこの上ないのでやめた方がいいでしょう。最近ではJKリフレやJKお散歩による援助交際・売春の増加の影響でサイバー補導が増えているので、運良く女子高生と2万円ほどでSEXできたとしても、数週間数ヶ月数年後には逮捕されてしまう確率はかなり高くなっています。

ならエロ熟女、人妻とは出会い系アプリで出会えるのか?

アラサー、アラフォーあたりの女性でないと興味が無いという熟女好きの男性もいるはずです。そのような男性にとっては未成年など眼中に無いので出会い系アプリ関連の犯罪も全く別世界のことのように感じているでしょう。ただ出会い系アプリを使う女性は女子高生、女子大生など、熟女好きの男性にとってはターゲットゾーンから明らかにはずれる若い女性達が多いのも事実です。ですが、30代・40代女性も間違いなく出会い系アプリを使っています。スマとも、LINE掲示板、ちらトーークなどを使って女性会員を検索してください。年齢で検索範囲を絞ることができます。数は少ないですが上は50代・60代女性も会員登録しています。もしかしたら逆に熟女好きの男性がその年代の女性達に殺到してメッセージを送っているので競合率は若い女性より遥かに高くて非効率的な可能性だってあります。もし自分のターゲット年齢の熟女を見つけたら即メッセージを送ってください。意外とご近所に出会いを求めた熟女がいるかもしれません。

手軽にただチャットしたい、通話したいというなら熟女・人妻専門ライブチャットというのがあります。これはおもにアラサー・アラサー女性がチャットレディとして働くライブチャットサイトです。いちおうアダルト行為もOKなのでメールSEX、電話SEXもできますが、普通のアダルトライブチャットと比べるとあまり過激さは無く平穏な会話を求める男性の利用者が多いようです。ちなみにチャットでのナンパ、出会いを求める誘いは禁止行為となっているので止めておいてください。


© 2016 出会い系アプリ情報局